車買取 必要書類 引っ越し

引っ越しにより住所が変更となると、車買取の際の必要書類が増える場合があります。

ただでさえ引っ越しで忙しいでしょうし、余裕をもってスケジュールを立てる必要があります。

引っ越しまでに間に合わない場合、後述の通りに必要種類が増える可能性が出てきますので。


①引っ越し前の場合
→通常通りです。必要書類が増えることはありません。


②引っ越し後&車検証の住所変更済
→これも通常通りです。


③引っ越し後&車検証の住所が前住所のまま
→「住民票の写し」がさらに必要になります。
 (もちろん、引っ越し後の転出転入届をした後のものです)

 住民票には前の住所が記載されています。
 その住所と、車検証の住所が一致していれば所有者の証明となります。


④引っ越し複数回後(車検証の住所書き換えをせず2回以上引っ越ししてる)
→「住民票の附票」が必要になります。

 上述の通り、住民票には前の住所が記載されています。
 が、車検証の住所が2つ以上前のものだと、住民票記載と一致せずに証明ができません。
 そのため、転居歴総てが記載されている「住民票の附票」が必要になります。

車買取 必要書類 紛失 車買取 必要書類 紛失

前回、車買取に必要な書類を挙げさせていただきましたが、

それらが見つからない!?紛失した!!という場合。


売却が叶わなくなると焦ることはありません。

足りないものを再発行しましょう。

各種書類の再発行方法を紹介します。


・自動車検査証(車検証)
 →車のナンバーを管理している運輸局で再発行可能です。

  地域ごとに担当の運輸支局が違います。
  連絡する運輸支局がどこなのかは、こちら国土交通省のページから探してください。

  手数料は300円で済みます。


・自動車納税証明書
 →管轄の県税事務所で、無料で再発行できます。

  ご自分の地域の事務所を調べて足を運びましょう。

・印鑑証明書
 →地元の市役所・区役所で発行可能です。
  
  手数料は数百円程度です。
 

・自賠責保険証

 →契約している保険会社に問い合わせれば、再発行手続きが可能です。
  再発行費用も基本的には無料ですが、そうでない会社も中にはあります。

  仮に「どの保険会社だったか分からない…」という場合は、
  該当車を購入した販売店に記録が残っているはずなので、連絡してみましょう。

  その販売店も分からない……と言う場合は、
  車検証を準備に、契約してそうな保険会社に1社ずつ電話確認するしかありません…

6.リサイクル券

(7)住民票
  →車検証の記載住所と現住所が異なる場合のみ




即日でできるものもあれば、そうでないものもありますので、

土壇場で気づくと、買取店とのやり取りが遅延することも。

やはり必要書類の準備は前もって進めておくのが良いと思います。

車買取 必要書類

車買取の際には、受け渡しと同時に必要な書類があります。

査定を受け、納得して売却決定の後、スムーズにやりとりできるように予め準備しておきましょう。

売る側が用意する書類と、買取店側が用意する書類が各々あってややこしいですからね。

それぞれ記述しておきます。



〇売り手側が用意する書類

1.自動車検査証(車検証)

2.自動車納税証明書

3.実印

4.印鑑登録証明書(発行後3か月以内)

5.自賠責保険証

6.リサイクル券(リサイクル預託している場合)

(7)住民票
  →車検証の記載住所と現住所が異なる場合のみ


●買取店側が用意する書類

1.委任状

2.譲渡証明書


ちなみに以上の書類は、オーソドックスな普通自動車の必要書類。

軽自動車だったり、所有権が特殊な車の場合などは、必要書類が変わってきます。